カップ&ソーサー(灰緑)/ 駒形悦子 kaya陶房

  • うす緑(右)と。

    うす緑(右)と。

「雪国の古民家で、土をこね、山桜の自然木灰を調合して釉薬をつくり、日々の暮らしに寄り添う様な、素朴な使い易い食器を作っております。」駒形さんのプロフィールより。



光沢があり少しだけざらついた質感のカップ&ソーサー。

細かく入ったしのぎが丁寧な印象です。

持ち手の親指が当たる部分に台座のような飾りがあり持ちやすいです。


色はグレーがかった緑と茶色。落ち着いた雰囲気があり、珈琲によく合いそう。

鉄粉や気泡があり、釉薬の流れもみられます。



陶器は磁器と異なり吸水性と通気性に富むため使い込む程に深い味わいが増してきます。



サイズ(約)/ ソーサー径13、 カップ径8.5(持ち手含むと11)、高さ6、  cm

2,916円

在庫数 : 1
注文数 :

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません